annabelle

ワクワクしたい

今シーズンは、オーセンティックな素材や柄、要素が今の

洋服にミックスした感じや、スタイリングで織り交ぜた

雰囲気が気になっておりました。

大柄チェックのジャケットとパンツのセットアップとか、ビッグシャツ。

モールスキンのワークコートやコーデュロイパンツ。

あらためてデニムが気になって、ワークデニムではないものを

3種類ほどセレクトしたり、併せてGジャンもバイイングしています。

90年代のスポーティー、ワーク、ヘビーデューティな感じもいいけれど、

せっかくビッグシルエットを経ての今なので、それらをどんな風に

着ようか?久しぶりに洋服を着ることにワクワクしてきました。

そんな気分で見てきた展示会で、GASA*にあったこちらの

シャツワンピースは、素材もデザインも大好きな1着でした。

GASA*
灰色の人 シャツワンピース
スモークグレー ¥79,200(税込)※ダークグレーは完売しています。

こちらのシリーズは、まず素材がとても気に入りました。

展示会で触るまではどんな感触かわからないわけですが、触った瞬間に

少し意表をつかれたほどにしっかりしていて、「デニム?」と思うような

感触と、それが馴染み少しくたっとしたしなやかさも同時にあり、

なんとも大好きで少し懐かしさもある印象でした。

しかも染色はGASA*が得意としている天然染色で、墨染めの

濃淡とムラのある味わい深い仕上がりです。ところどころ、少し

黒ずんだ部分があったり、シミのようなものがあったりしますが、

作為的にデザイナーがそのようになるよう、染色を施しております。

このフロントのデザインも大好きです。

ピンタックでなく、布地を裂いたデザインです。

裂いて染めることで内側との色の濃淡があることはもちろん

素敵なのですが、なんだか久しぶりに裂いたデザインを見て、

純粋に嬉しくなりました。

袖口や袖付け、肩口など様々な箇所に綺麗で細やかなギャザーが

施され、ふんわりとしたシルエットを美しく保ちながら、

素材や染色でギャップを楽しめるお洋服です。

ボタンはこちらもGASA*らしいクラシカルな包みボタンです。

染色加工の効果もあって、しっかりした生地がとても

しなやかに見て取れます。

GASA*のファブリックに関しては何度も申し上げておりますが、

100年前のハイクウォリティーな布地が蘇ったかのように素晴らしく、

そして迫力のあるオリジナリティーのある布地なのです。

迫力があって気分が上がるお洋服です。

それが洋服屋だけでなく、しっかりと妻にも伝わっていることが

嬉しいところであり、GASA*のすごいところ。

他のブランドの様々な商品の入荷を待ちながら、

他にはどんな着方をしようか?

そんなことを考え始める初秋です。

 

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more